なぜ女性にうつが多いのか

イライラやさみしい、だるい等の精神的な症状や食欲の減退や過食、睡眠障害や性欲の減退等の身体的症状が起こるうつ病は、男性に比べて女性の方が2~3倍もなりやすいと言われています。性格や体質などいろいろな要因がありますが、女性特有のホルモンバランスの変化や社会的立場が関係しています。

まずホルモンバランスの変化ですが、女性は月経や妊娠、出産、更年期等、男性に比べて人生の中でホルモンの変化が激しく、感情に関係するセロトニンが減少することにより、イライラや興奮するのでうつ病を引き起こす要因となります。このセロトニンが男性よりも少ないことからうつになりやすいと考えられています。

次に社会的立場の弱さも原因の一つとされます。男性優位の職場では、我慢を強いられている方も多く、結婚で名字が変わったり、夫の転勤で住まいが変わったりと、妻の役割を押しつけられることがストレスやイライラの原因となり、精神のバランスが崩れることで発症されるものもあります。

このように、妥協や我慢を強いられる事が圧倒的に多いのも、男性よりもなりやすい原因の一つです。治療としては、休むことが一番とされていて、会社員なら休職し、主婦なら家事を任せて休むことが大切です。

また、自分の周りにいる人に症状を分かってもらい、病気の治療をしている自覚をもちましょう。もし、朝起きられない、何をやるにしてもやる気が出ない等の初期症状が出始めたら、早めに専門医を受診し、休養をとるように心がけましょう。
※うつ病に関する知識、その早期対策については⇒こちら