気軽にできる対処法について

もはや現代病といっても過言ではないうつ。実は女性は男性に比べて、うつになりやすいと言われています。

原因の一つとして考えられているものに生理があります。生理前になると、エストロゲンという女性ホルモンが急激に減っていくのですが、そのエストゲンと一緒に減ってしまう脳内物質があり、それはセロトニンと言います。聞き慣れない言葉かもしれませんが、セロトニンは精神を安定させる上で非常に重要な役割を果たしています。

そのセロトニンが生理の周期に合わせて増減の波が出やすい女性は、当然うつのリスクが高まります。そのリスクを少しでも下げるために推奨する日課として日光浴があります。日光を浴びると、セロトニンがどんどん分泌されやすくなっていきます。日光浴なんて面倒と思われるかもしれませんが、例えば通勤や外出の時に日光を浴びながら歩くだけでもいいでしょう。

ただしいくつか注意点があります。いくらセロトニンが増えるからと言って、長くやりすぎるのは逆効果です。紫外線などのリスクもあるため、30分以内を目安にするのが良いでしょう。そしてすぐ効果を実感できるわけではないので最低でも3カ月以上は続けることが大切です。

セロトニンの他に有効なのが、アロマです。香りと脳には、実は深い関わりがあり、例えばオレンジやレモンのような香りにはどんよりとした気分を明るくし、リフレッシュさせてくれる効果があります。またラベンダーはセロトニンの分泌を促す効果があるので、精神を落ち着かせてくれます。これらのことを上手に取り入れて、ストレスに負けない生活を送りましょう。